クライミングホールド

ホールド馬鹿の壁〜キングホールド

クライミングのある人生とない人の人生は、ちょっとだけ違う。

ブッダホールド(BuudaHolds)について

ブッダホールド(BuudaHolds)について

2009年設立~本社メキシコ(物流拠点アメリカ)

複数ブランドのホールドを生産してきたシェイパー集団が、

より高品質・よりデザインを求めて、



自分たちのブランド「Buuda」を立ち上げました。

ホールド制作は、デザインすることから始まり、

質感、発色、仕上げには相当なこだわりを持っています。



ブッダホールド(BuudaHolds)



【ポリウレタン製のクライミングホールド】

欧米では一般的になっていますが弊社がBuuda Holds(ブッダホールド)も、

高品質のポリウレタン樹脂を使用しています。従来製の樹脂よりも壊れにくく、

軽く、発色が良いです。



buuda



クライミングホールドはシェイプやデザイン性、さわり心地なども重要ですが、

安全性や耐久性も考慮するとポリウレタン製のホールドを選ぶのが良いです。



クライミングホールドの穴について



ブッダホールド(BuudaHolds)の

ボルト穴は日本仕様に改良済みです。



通常クライミングホールドを取り付けるには

M10ボルトを国内では使用します。



海外製のクライミングホールドも、

ほとんどM10ボルトで問題ないのですが、

ボルト頭が大きいと取り付けられな場合があります。



海外ホールドの多くは小頭のM10ボルトに

ジャストフィットするようです。

日本のように頭でっかちなM10ボルトは、

最後までボルトが入らない場合があります。



ご安心下さい!ブッダホールド(BuudaHolds)は

頭でっかちM10ボルトにジャストフィットです。



日本に出荷するホールドは

日本用にボルト穴を大きくしています。

(ペドロ、サンキューです!)



お届け前にも検品体制を強化していますので

ボルトが入らない心配は御無用です。



⇒クライミングホールド専門店「キングホールド」



 

キングホールド製品情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る