ボルダリング ワールドカップ 国別1位

ホールド馬鹿の壁〜キングホールド

クライミングのある人生とない人の人生は、ちょっとだけ違う。

ボルダリング・ワールドカップ国別1位を牽引〜楢崎智亜2位、石松大晟3位、野口啓代3位だっ!

ボルダリング・ワールドカップ

ボルダリング・ワールドカップ国別1位を牽引〜楢崎智亜2位、石松大晟3位、野口啓代3位だっ!

オリンピック種目に選ばれたスポーツクライミング競技、日本いい感じですね。
日本代表は4年連続で国別ランキング1位を獲得。

今回の第7戦ミュンヘン大会では大ファンの野口啓代さんが3位に入りましたね。

ボルダリング・ワールドカップ2017年の国別結果 *2017/8/19時点

1位 日本(2118ポイント)
2位 イギリス(929ポイント)
3位 スロベニア(927ポイント)

国別ランキングがは、
各大会の各国成績上位3選手のポイントが加算されます。

では、早速2017年8月18日 〜 19日にドイツ(ミュンヘン)で
行われたボルダリング・ワールドカップの個人結果を見てみましょう!

 

●男子 ボルダリング
順位/名前/年齢/国籍/出身地

 

1 ヤン・ホイヤー 25 ドイツ
2 楢﨑 智亜 21 日本栃木県
3 石松 大晟 20 日本熊本県
4 チョン・ジョンウォン 21 韓国
5 緒方 良行 19 日本福岡県久留米市
6 藤井 快 24 日本静岡県
7 アレクサンダー・メゴス 24 ドイツエアランゲン
8 アンゼ・ペハルクスロベニア
9 ヤコブ・シューベルト 26 オーストリア
10 アレクセイ・ルブツォフ 29 ロシア

 

●女子 ボルダリング
順位/名前/年齢/国籍/出身地

 

ボルダリング・ワールドカップ ミュンヘン大会

 

1 ヤンヤ・ガンブレット 18 スロベニアスロヴェニ・グラデツ
2 ショウナ・コクシー 24 イギリス
3 野口 啓代 28 日本茨城県
4 スターシャ・ゲージョ 19 セルビア
5 アレックス・プッチョ 28 アメリカ
6 ペトラ・クリングラー 25 スイス
7 エカテリーナ・キプリーアノワロシア
8 ファニー・ジベール 24 フランス
9 マエリ・アグラパール フランス
10 野中 生萌 20 日本東京都

 

日本は女子のみならず男子もどんどん強くになっていきますね。
東京オリンピックが楽しみです。

 

ちなみに2017年の個人年間ランキングは以下の通りです。

 

【2017年男子年間ランキング】
1.チョン・ジョンウォン(韓国・21歳)
2.楢崎智亜(21歳)
3.アレクセイ・ルブツォフ(ロシア・29歳)
4.渡部桂太(23歳)
5.藤井快(24歳)
6.杉本怜(25歳)
7.ヤン・ホイヤー(ドイツ・25歳)
8.緒方良行(19歳)
9.イェルネイ・クルーダー(スロベニア・26歳)
10.ヤコブ・シューベルト(オーストリア・26歳)

 

【2017年女子年間ランキング】
1.ショウナ・コクシー(イギリス・24歳)
2.ヤーニャ・ガンブレット(スロベニア・18歳)
3.野口啓代(28歳)
4.野中生萌(20歳)
5.ペトラ・クリングラー(スイス・25歳)
6.スターシャ・ゲヨ(セルビア・19歳)
7.カーチャ・カディッチ(スロベニア・22歳)
8.ミカエラ・トレーシー(イギリス・26歳)
9.ファニー・ジベール(フランス・24歳)
10.尾上彩(21歳)

 

 

色々クライミング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る