クライミングホールド

ホールド馬鹿の壁〜キングホールド

クライミングのある人生とない人の人生は、ちょっとだけ違う。

クライミングシューズ(ボルダリングシューズ)の選び方

クライミングシューズ

クライミングシューズ(ボルダリングシューズ)の選び方

クライミングシューズ(ボルダリングシューズ)は、
ゴムを底面に貼り付けた、クライミング専用のシューズです。

 

特殊なシューズなので履き方も特殊。
小さいスタンスにも立てるように、
自分の足の実寸よりも小さいサイズを選ぶのが良いです。

 

クライミングシューズ選びで失敗しない為には、
どうしたらいいのでしょうか?

 

シューズはきつければきつい方が良いと
言われていましたが、緩い方が爪先の自由度が高く、
ストレスが無いなどの利点があるという人もいます。

 

適切なサイズを選ぶには、
まずシューズの特徴を知っておきましょう。

クライミングシューズのソールは、
ほとんどフラットです。

 

クライミングは、フリクション(摩擦)大きいほどよく
これを最大にするには足裏の接地面積が大きいほどよく、
そのためにフラットになっています。

 

また靴裏の材質は「滑りにくいソール(ゴム)」が必要です。
いわゆる摩擦係数が高い材質がよいということになります。

 

クライミングシューズには、着脱タイプが3種類ほどあります。
・シューレースタイプ(靴紐タイプ)
・ベルクロタイプ(甲の部分をベルトのようなマジックテープなど調整できる帯で固定します)
・スリッパタイプ(ひもや帯を使わずに着脱するタイプです)

 

それぞれ一長一短ありますので、どれがよいかは一概に言えませんが、

アウトドアクライミング志向で初心者の方は、

フィット感覚がつかみやすいシューレースタイプがおすすめします。

 

ジムでのボルダリング中心という方はベルクロかスリッパタイプが手軽でよいと思います。

クライミングシューズ選びは、大変難しく、最初に買ったものが一番自分に合う可能性は

なかなか難しいのも現実です。

 

失敗を少なくするには、ショップで相談すること、そして試し履きが肝心です。

自分の足の形に合ったシューズなのかどうかは、やはり履いてみないことにはわかりませんので、

試し履きは必ず行ってください。オンラインショップで購入する場合は、

返品または交換可能なお店を必ず選んでくださいね。

 

 

関連記事:

クライミングシューズ・ボルダリングシューズの選び方・買い方

マイ、ボルダリングシューズが欲しくなったら!

 

 

 

クライミンググッズ(シューズetc.)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
TOPへ戻る